FC2ブログ

ukiukiblog

宇木建設㈱HP管理人・代表取締役、長崎県、舗装、駐車場、土木工事、営業、日々のブログ

 

Category: 現場状況・工事実績   Tags: ---

Response: Comment: 1  -  

集中力大事です



仕事もだいぶマッタリなってきて


うちの土場の草刈りをしていたので


20190418小野島土場 (1) 


ちょいと様子見にいくと


20190418小野島土場 (4) 


ちゃんと歯止めをしてます


20190418小野島土場 (3)-2 


あれ? もうひとりいたはずだが・・・・


20190418小野島土場 (5)-2 


黙って見てましたが、私に気づく様子もない(-_-;)


20190418小野島土場 (6)-2 


自生した大根採りに夢中のTもっちゃんでした


ちゃんと、お仕事しましょうね! 笑笑


いろんな情報はこちらから(↓クリック)


宇木建設株式会社 公式fecebook


宇木建設株式会社 公式twitter

Follow @ukiuki2335
宇木建設株式会社 公式instagram

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

宇木建設株式会社

長崎県諫早市小野島町2335
道路、舗装工事、庭の工事、下水道工事
身近な小さな工事からサポートします


スポンサーサイト

Category: お父さん記   Tags: ---

Response: Comment: 0  -  

またやりやがった(#・∀・)



前回は長文で変にしんみりなったので


今回は・・・逆で怒り心頭の巻です





長男坊がどうしてもって言うので車を


貸したら・・・・


20190404壮汰破損 (1)-2 


今度はバンパー


20190404壮汰破損 (2) 


前科2犯です


20190404壮汰破損 (3) 


運転技術を私が認めるまでレンタル封印です




いろんな情報はこちらから(↓クリック)


宇木建設株式会社 公式fecebook


宇木建設株式会社 公式twitter

Follow @ukiuki2335
宇木建設株式会社 公式instagram

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

宇木建設株式会社

長崎県諫早市小野島町2335
道路、舗装工事、庭の工事、下水道工事
身近な小さな工事からサポートします


Category: 真面目な話・考察記   Tags: ---

Response: Comment: 0  -  

もうすぐ1ヶ月(故人を偲び)



明日の4月8日(月)は、弊社宇木建設㈱の創設者で会長であった、私の父親でもある


故・黒田政秀の四七日法事(命日から4週目前日)になります


平成31年(2019)3月12日(火)に享年73歳で他界し、もうすぐ1ヶ月になります


お通夜、葬儀と参列いただき、また葬儀後に自宅や会社にお参りに


来られた皆様には改めて、感謝申し上げます


挨拶 


そして、葬儀後に会う方々に病状や経緯を伝える意味で、こう言う形になりますが


改めてご報告させてもらいたいと思います


尚、今回はかなりの長文となりますが、ご容赦願います





父、政秀は昭和20年5月3日に8人兄弟の下から2番目の五男として姉2人と男兄弟6人の


家庭に諫早市中通町で生まれました


うち二つ上の兄は海の事故で幼い頃に生き別れにはなりましたが、それぞれ家庭を持ち


タイトルなし 


甥っ子姪っ子にも囲まれながらの幸せな日常でした


今現在はその8人兄弟も兄1人のみと、なってしまいました


1家族 (1) 


それでも時代とは言え、裕福とは言えない家庭で育ちながらも祖母の教育もあり、勉学と


スポーツには、父なりに頑張って努力していた事は最近知りました


2高校1-1 


この新聞の記事を実家で発見したのも葬儀後の最近です


他の事で表彰もされてたと後で知りました


2高校2 


そして持ち前の明るい性格なのか周囲の仲間を大切にし、大切にされる存在でした


高校時代の柔道部仲間とは本当に最近まで無二の仲間だったと思います


4侍会 (1) 


自筆の言葉が心に響きます・・・


高校卒業後も県内県外にも関わらず数年に一度会って親交を深め会ってたと後に聞きました


出会いから57年来の仲間です


4侍会 (8)  4侍会 (5)


福岡や大阪、京都などで旅行し「高校のあの頃に戻れて嬉しかった」と手紙が来ていて


読んだ時に、自分の事をあまり言わない本当の父を知る事になったのかなぁと思います


4侍会 (6)  4侍会 (7)


そして父が20代後半の頃に出会ったのが、私の母である妻ケイ子です


・・・削除しました(母の写真)(^_^;)」 


(多分このブログを知ったら母には写真の消去命令が出ると思います)


そして私が生まれ


1家族 (38)  


妹2人が生まれ、子供3人の5人家族として時を過ごしました


1家族 (39) 


その27年後に私が家庭を持ち新たな家族、孫に恵まれたお爺ちゃん人生の始まりです


1家族 (34) 


ユーモアと冗談ばかりで孫達をいつもカラかってばかりでしたが


1家族 (35) 


妹の子供達、合わせて7人の孫に囲まれての爺ちゃん生活でした


1家族 (28)  1家族 (26) 


餅が好きで年末でも無いのに自宅で孫達を呼んで餅つきしていたのを思い出します


1家族 (31)  1家族 (32)


70歳の古希の誕生日は自宅でお祝いをし、孫達に手紙をもらい喜んでました


1家族 (29)  


そして私が中学3年生の頃、父が当時41歳の頃に生まれ育った町の中通町に念願の


マイホームを新築しましたが、当時の事は忘れていましたが葬儀後に知りましたが


宇木建設創立12周年および新築祝いの祝宴が


8新築祝 (4) 


盛大でこんな人あんな人が来ていたのか・・・と知りました


当時の諫早市長や、その前の諫早市長やJA農協の組合長


8新築祝 (3)  8新築祝 (12)


県議会議員の面々、後の衆議院議員の方や元町議会議長なども出席


8新築祝 (10)  8新築祝 (6)


沢山の方にお祝いしてもらい今の私ではとても当時の41歳の父には及びません


8新築祝 (13)  8新築祝 (11)


8新築祝 (7) 


8新築祝 (9)  8新築祝 (8)


趣味はゴルフで自宅でよく練習していたのを思い出します


5ゴルフ (1)  5ゴルフ (8)


5ゴルフ (11)  5ゴルフ (9)


シングルプレイヤーになり、シングル祝いをしたのが私が社会人1年目で父が49歳の頃で


これもまた盛大でしたが、こう言う事も私に自慢した事も無く、今思えば自分の事は


ほとんど言わない父でした


7シングル祝 (1) 


総勢168人のお祝いコンペで、盛大にはしたくないと言ったそうですが結果こうなったそうです


7シングル祝 (5)  7シングル祝 (2)


7シングル祝 (4)  7シングル祝 (3)


そして現在の宇木建設の事になりますが、父が20代の頃働いていたのが諫早市内の会社の


富士道路と言うアスファルト工事専門の会社で数年仕事をしてましたが、当時の諸事情で


会社がなくなり、当時の若い社員達が今の諫早近隣の建設会社の創設者などになっていきます


3仲間 (4) 


父が現在の宇木建設を始めたのは昭和49年(1974)29歳の頃です


私が物心つくまで、父が家にいる記憶が全くありません


昼も夜も働きずくめで私が小学校に入る前に夜間工事あけで会社に戻る途中の国道で居眠り運転で


交通事故を起こして意識不明の重体で母が泣いていた事を今でもハッキリ覚えています


なんとか復帰し、仕事ばかりでは無くレクレーションなどで、ここでも親交と仲間を大切にし


6宇木 (2) 


会社の慰安旅行に小学生だった私を連れて行ってくれるまでの会社に育て


6宇木 (1) 


私が福岡の会社で8年働き、諫早へ帰って来た後も、今思えば社員達を大事にし


みんなに愛されていた存在だったと思います


6宇木 (5)  6宇木 (6)


6宇木 (7)  6宇木 (8)


そして会社の利益や会社の規模や自分の見栄より社員、人を大切にしてたと思います


6宇木 (4)  6宇木 (3)


自分が楽しむのも、人を喜ばせるのも好きでした


6宇木 (14)  6宇木 (18)


時代や背景もありますが、父の悪い話を聞いた事がありません


6宇木 (10)  6宇木 (11)


現場のやり方や経営の事で、父と意見が喰い違い衝突してたのも事実です


6宇木 (21)  5ゴルフ (12) 


最後に病気と闘病生活についてですが





現在平成31年4月ですが、病気の癌(胆管癌)が発覚したのが今から4年前のの平成27年の


7月で癌の全摘出手術をしたのが、9月末で退院が11月始めでした(69歳)


その後は抗がん剤治療を始め腫瘍マーカーも減少し、回復傾向でゴルフなどして日常を


取り戻しつつありました





しかし、昨年の平成30年(2018)5月より抗がん剤を変更したりと順調な闘病生活では


無くなりつつあり、10月には遂に抗がん剤の結果が思うように出なくなり、治療を


断念せざる得ない状況となりました





要は残された時間は長くないが、


数ヶ月、1年、2年とハッキリとは分からない余命宣告です





病院からは入院を勧められましたが、痛みなどツライ生活の説明を受けましたが


父の強い希望で苦労して作った家で他人と関わらない自宅での家族とともに過ごす


闘病生活を母が最後まで面倒見ると、覚悟を決めた夫婦2人自宅での残された最後の


余生を過ごす選択となりました





当時の事を思えば、多くを語らない父が病院から告げられた治療断念の事を


私に「もう駄目げなじゃ~・・・」と言った時の表情が忘れられません・・・


何も言えない自分を未だに記憶から消すことが出来ません・・・





が、それでも自営業の経営の事で父とはあまり口を聞かない自分がいました・・・


大変な時期で親子の会話をしたいのに話を聞いてやれなかった自分がいました・・・





今年の正月には孫を含めた家族みんなで実家で過ごし、


「身体はキツかにぁ~」と笑いながら言っても普通に歩いてはいて2階の部屋で


寝て階段を登ったり降りたりしていたのに、1月下旬しは階段の登り降りで


息切れするようになり、1階の部屋で寝るようになりました





2月になり、私もなるだけ実家に行き話をするように心掛けていましたが、


病院から処方される薬も痛みを和らげる方向の薬になり、副作用で記憶や思考に


影響が出始めたのかなと思います


寝室から歩いてテレビを見るのにも杖を使う状態になってました


それでも気丈な父はそんな弱った自分を人には見せたくなく家族意外と会うのを


嫌がってたました





2月下旬からは、私もほぼ毎日様子を見に行き母の看病を手伝うようになり


3月1日(金)の昼に主治医の先生が訪問往診に来られ、その時に





「お父さんの余命は早くて1週間から2週間なので、そのつもりでいてください。」





と父の余命宣告を告げられ、今まで覚悟してたつもりの自分が頭が真っ白になり


何をどう考えどう納得するか・・・


未だに分かりません





3月2日(土)からは実家で寝泊まりし、妹の一人も以前から丁度会社から


たまたま1ヶ月休みをもらい、次女も子供4人の家事や仕事の合間をみて


実家に寄り家族みんなでの看病となりました


2日に1度2時間は訪問看護の方が来て排便などの世話はしてくれましたが


オムツの替えなどは家族で看護素人ながらも必死にやってました


私の嫁さんも時間を作っては看病しに来てくれてました









父はすでに寝る時間は関係なく痛みがともなえば目が覚める状況で


目が覚めると一人っきりでは不安がり、常に誰かはそばにいないと


いけなくなっていました





「なんでこんな痛かとに死んだがマシじゃ~。なんで死ねんとやー。」





なども口にするようになってきました


看護の途中、家族が揃うと数回にわたり、涙を流しながら





「ありがとうにゃ~。


 わい達にこげんしてもらって本当に俺も幸せじゃ~

 
 今まで本当にありがとう。


 幸せやったじゃ~・・・」





と、言ったりもしてました





そして最後家族5人揃った3月9日(土)の夕方に、また涙を流しながら同じく





「本当に幸せやった。


 子供達にも、こげん看てもらって何も言う事なかぁ~。


 ありがとう。ありがとう。


 よかったじゃ~。幸せやったじゃ~。」





と言ったその3日後の朝に苦しむ事無く眠ったまま息を引き取り、


最後の言葉を家族に伝えてくれました







73年の人生でしたが本当に幸せだったと思います




今思えばこそ、私も子供が3人います


父の立場で子供に対して思えばこそ今更ながら色々考える事はあります


後悔があるか?ないか?と自問自答しても後悔はありますが・・・今更です





人は生を持って生まれいずれその生涯の終わりは必ず来ると、頭の中で割り切って


いた自分がいたのは確かです





今もそうですが、そうでは無かった現実の自分もいます





頭、心の整理はついてるつもりでも、表現できない感情が未だにあるのが


自分の中での疑問で答えが未だに出ないのが現状です




お世話になった方々には、父の冥福を


祈ってもらう事と共に、残った家族親族、


父が何も無い所から創った会社の


関係各位の皆様には、今までと変わらない


お付き合いを、させてもらうだけで


感謝させてもらいたいと思っています




長文となりましたが、


経緯と報告と、かえさせてもらいたいと思います



いろんな情報はこちらから(↓クリック)


宇木建設株式会社 公式fecebook


宇木建設株式会社 公式twitter

Follow @ukiuki2335
宇木建設株式会社 公式instagram

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

宇木建設株式会社

長崎県諫早市小野島町2335
道路、舗装工事、庭の工事、下水道工事
身近な小さな工事からサポートします


04 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
訪 問 者 数




地球の名言


presented by 地球の名言
facebook
長崎ブログランキング
BLOG RANKING
プロフィール

ukikuro

Author:ukikuro
小さい頃は諫早湾干拓の干潟でムツゴロウとともに育ち
今は、諫早で住み良い街づくりのため日々頑張る
アスファルトとたわむれる舗装やさん

小野小・小野中学校卒業
 ↓
諫早高校卒業(ラグビー部所属)
 ↓
中央工学校(東京)
 ↓
前田道路(株)福岡事業所で8年過ごす

 ■只今(2018年11月)■
宇木建設株式会社 代表取締役
子供3人奥様1人の5人家族
ゴルフで常時アンダー90を目指す
たまに絵を描くアラフォー
石鯛2.5kgオーバーを目指す
(H22年50cm・2.5kg釣る)
富士山登頂に挑戦
(H23年7月山頂征服)
建設協会諌早支部青年部会長
(H26年1月~H28年12月)
建設協会諫早支部理事
(H30年5月~現在)
鎮西学院高校PTA会長
(H29年5月~H30年5月)
諌早ロータリー会員
(H24年7月~現在)

  ■現場経歴■
~たくさんあるが、
勉強になった
苦労した大型現場~
------------------------
・今泉地区舗装修繕工事
(福岡市)
H8年4月~12月
建設省(国交省)
道路打換工 
¥1億71,495,000

-----------------------
・警固地区排水性舗装工事
(福岡市)
 H9年9月~H10年2月建設省
(国交省)
 道路打換工
¥1億29,000,000

-----------------------
・多の津地区改築工事
(福岡市)
 H11年4月~H12年3月
 建設省(国交省)
 道路改築 
 ¥2億73,420,000

------------------------
~今泉地区は現場代理人はいたが、初めて担当した請負金額が1億円をこえた現場。
福岡市の天神の国体道路だった為、夜間規制~工事~規制解除の毎日。
繁華街だったためとても苦労した。
施工もそうだが今では常識だが書類をすべてPCでつくりはじめた頃でPCとの苦戦思い出。
他2本も同じ先輩(代理人)に御指名をうけ、現場担当に・・・
多の津地区で福岡の会社の最後の現場となりました。

--------------------------
・大村管内道路維持補修工事
 (長崎市馬町交差点)
 H14年2月 
 建設省(国土交通省)
 切削オーバーレイ
------------------------
~下請工事でしたが、夜間規制方法から施工計画まで任され、
着工前に何回も交差点を見ながら考え事してました。
規制方法と1日の施工数量を出し実行予算をつくるのにかなり苦労しましたが、悩んで考えたぶんだけ現場はスムーズに5日間で完了。
イメージどうりに完了です。

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
携帯からはこちらで
QR

Archive

RSS